宝彩瞑想会 多摩支部

宝彩有菜の瞑想を学べる「宝彩瞑想会」、 その東京・多摩地区支部のブログです。 瞑想会リーダー「やしお」が指導を務めています。

去る7/19(日)、多摩支部瞑想会を行いました。
参加者はお一人のみでしたが、私にとっては初めての指導ということもあり、集中しやすくて良かったです。

内容としては、瞑想の三手順をしっかりと理解してもらい、呼び水を使って過去の閲覧を促すというところまで練習できました。
参加者の方も、もともとの基礎ができていて、姿勢などは非常にきれいでした。
質疑応答もたっぷりできました。中身の濃い瞑想会ができて、良い経験になりました。

「瞑想に何のメリットがあるか分からない。」
と、よく言われることがあります。 
私個人としても、もっともなことだと思います。 
瞑想なんかしなくても、普通に睡眠とればいいじゃない?ある程度スッキリするでしょ?

私も、以前はそう思っていました。 
つまり、納得できていなかったんです。
効果があるのか無いのかはっきりしないものに費やす時間がもったいなかった。

こういうと、「瞑想をやってメリット得ようという思いが、もうすでに欲でしょ?」と気づくかもしれません。
こうなると、「瞑想にメリットを求めないようにしよう。だから、それができるまでは瞑想はしないでおこう」 とマインドは思うかもしれません。
しかし、この理由には納得が行きます。欲に気付いて止めているのですから。

瞑想を始めるには、何がしか納得してからでないと、始められません。
逆に言うと、マインドは合理的ですから、納得が行けば毎日時間を確保して瞑想するようになります。

他で例えると、

ダイエットが続かないのは、効果に納得がいっていないからです。
 英会話学習が進まないのは、本当に英語を話せるようになるか不安だからです。
筋トレが続かないのは、効果に納得していないからです。

マインドは何事も、納得しなければ動きません。 
瞑想に慣れていない方は、そこで頓挫します。
では、どうすればいいのか?

多摩支部瞑想会では、まずそこからお話ししていきます。 

☆この頁は随時更新していきます。

Q.何をしている会?

A.瞑想のやり方を学ぶ会です。
宝彩有菜氏が確立した「宝彩瞑想」を学びます。

Q.瞑想とは、どういうもの?

A.一般的には、瞑想と名の付くものはたくさんあります。それらは特徴がそれぞれ有り、目的も様々です。

当会の宝彩瞑想は、とても効率良く心を休養させることが、ひとつの目的です。
と言っても、何かを信仰したり、薬物を用いたりすることはありません。

単純で、科学的な、「考え方の練習」をします。

このページのトップヘ